菊の見方
 
菊の見方
菊はとても丈夫な草花で、放っておいても育ちますが、ここに出展されている作品は、それぞれが丹精こめて育てられたものです。
雄大に盛り上げて咲く厚物や、どこまでも繊細で優雅な管物など、一つ一つの花に菊づくりの気持ちが微妙に現れています。
 
菊の審査
今回出品されている菊は、下記のように数種類あり、例えば3本仕立のような大菊は、単に大きさだけではなく花や葉の形、虫の害がないかなどを総合的に審査し、盆栽は、根張りがしっかりしていて、幹は根元から徐々に細くなっているかに着目して審査しています。
他の種類のものも一定の基準で審査していますが、全体的に見てバランスがとれていて安定した形のものがよいものといえます。
 
出品菊の種類
一本仕立 ●一本仕立
1本の苗から作るもっとも基本的なつくり。
福助札立 ●福助仕立
一本仕立の菊を、矮化剤により高さ40センチ程度にしたつくり。鉢よりも大きな花を咲かせる姿が福助人形に似ていることから、この名がつけられた。
三本札立 ●三本仕立
1本の苗を摘心して、3本に分枝させて仕立てる。花を前2輪、後1輪に配したシンプルな仕立て方で、大菊の標準的なつくり。高さは120〜160センチにもなる。
だるま札立 ●だるま仕立
三本仕立の菊を、矮化剤により高さ60センチ程度にしたつくり。花を咲かせる姿がだるま人形に似ていることから、この名がつけられた。
七本仕立 ●七本仕立
1本の苗を摘心して、7本に分枝させ、中央1輪を高く、周りの6輪を低く配して仕立てる。
盆栽札立 ●盆栽仕立
盆栽の基本パターンに基づき、菊をあしらえて自然の景観を模してつくる。
盆景仕立 ●盆景仕立
盆栽仕立の一種であるが、砂や置物を使い、菊を主体にした大自然の風景を表すつくり。
懸崖札立 ●懸崖仕立
断崖絶壁などに自生している木の姿を、菊で表すつくり。
前垂型小懸崖 ●前垂型小懸崖
懸崖仕立の一種であるが、1本の苗から多くの花を前垂型で付けるつくり。かつてさっぽろ菊まつりでは、長さ2メートルを超えるような大懸崖も出品されていた。
自由作品 ●自由作品
ドーム菊やスプレー菊など、従来の大菊・小菊とは異なる品種、仕立ての作品。